So-net無料ブログ作成

中国 北京4 [旅行]

ちょっとマイナーな観光スポットにも寄ってみました。

IMG_2476

工場地帯の跡地に作られた北京798芸術区。

IMG_2479

街のあちこちがアートです。

IMG_2491

大きなオブジェに驚かされます。

IMG_2480

やや気持ち悪いくらいがインパクトある?

また、世界遺産も一箇所訪ねることができました。

IMG_2554

天壇公園です。皇帝がお祈りをした場所。規模の大きな公園で、多くのお客さんで賑わっていました。
こちらは有料でした。

そして、帰国の前の日の夕方に一度はみておきたいと、、、、

IMG_2583

天安門です。タクシーの窓を開けるのも不可ということで、通り過ぎるタクシーの越しに撮影。
なんやかんやで充実した北京の旅でした。

翌朝、大渋滞の北京をあとにして、東京に戻りました。


IMG_2636

(北京首都国際空港の中国国際航空のラウンジに居たパンダ)

北京の記事をおわります。



nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

中国 北京3 [旅行]

北京で時間があったら行きたかったところにも行ってきました。

IMG_2445

とても変な形のビル。中国のChina Central TelevisionでCCTVの本社、中国中央電視台です。
北京の中心の天安門からは真東の方向にあります。
このあたりはどんどん高いビルが建設されていました。

IMG_2448

CCTVのすぐ向かいに見えるとても高いビル。まだ建設中とのことでしたが、完成すれば北京で一番高いビルになる予定とのことでした。

IMG_2453

少し違う場所からみたCCTV本社ビル。構造上不安定なのでは?と思うほど、変わった形のビルです。
同行してくれた通訳の人は、「ズボン」とか「ブサイク」な建物(笑)だと説明してくれました。

その次に行ってみようと思っていたのがこちら。

IMG_2471

北京ダックのお店です。北京ダックは日本でも味わうことができますが、やはり本場の北京で食べたい!

IMG_2466

こんな皮にネギと薬味と一緒に包んで、甘いタレにつけていただきます。
大昔は中国の皇帝の料理で、庶民は食べられなかった料理とのことです。

IMG_2475

このお店、「京味斉」という北京ダックのチェーン店なのだそうです。昔の皇帝料理をお手軽な値段で味わえるのはありがたいことです。

こんな感じで、北京で楽しかったことを続けます。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

中国 北京 2 [旅行]

北京では北西部にある中関村という大学や研究開発型ベンチャーが集積する地域を訪問しました。

IMG_2178

(中関村の駅近くにあったモニュメントのようなものをタクシー車内から撮影)

IMG_2180

大規模大学の代表格の一つ、北京大学。ここは化学科でしょうか? これも車内からです。

IMG_2183

この日は清華大学を訪問。こちらも理工系で有名なところです。

IMG_2192

清華大学をうろうろし、博物館がありましたので入ってみました(有料でした。)。
上の写真は、博物館の入口にいた案内ロボット。人の言葉を理解して返事をしてくれるようなのですが、どうも中国語のみに対応しているようでした。残念。

IMG_2209

博物館は中国の清や明の時代の衣料、家具などを展示しているほか、企画展示がその時々のテーマで開催されているようでした。

IMG_2214

博物館の中央を貫く階段にはこのような迫力のある展示が。

IMG_2222

この博物館は大学の中でも一般の方が観て回れる数少ない施設のようです。
このほか、大学内を歩いていたら珍しいものが。

IMG_2224 (1)

自動運転の実験をしているように見えます。

IMG_2226 (1)

工学部らしき建物の脇を通ったら、そこには実物大の戦闘機が。
それも相当古いもののようで、かなり汚れていました。さらに、その戦闘機の真下はクルマの駐車スペースになっていました(笑)。

北京記事、続きます。

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

フィリピン マニラ3 [旅行]

マニラ、ケソンから日本に帰ります。

IMG_1845

ホテルの中庭をパチリ。あとでホームページをみたらプールもあったみたいです。
でも、デング熱の感染のおそれがある蚊が飛んでいると言われているマニラで水着になるのは躊躇されます。

IMG_1846

ニノイ・アキノ・マニラ国際空港までの道は大渋滞。その間にも、個人的に好きなミニバス?を撮影。

IMG_1847

ちょっとボケてしまいましたが、派手な色あいのバスがマニラらしく感じます。

IMG_1849

大渋滞の理由はクルマが多いからですが、空港と同じ方向にショッピングモールがあるのと、唐突に幹線道路の工事をしていたのも大きな原因らしいです。ホテルを出て、空港まで1時間45分かかりました!
渋滞がなければ1時間もかからないくらいの距離ですが、こればかりは避けようがないです。

IMG_1854

送ってくださったクルマのなかでお手洗いを我慢していました。
空港に着いたらスーツケースを預けて、出国審査の列に並ぶ前にトイレに直行!

上の写真はホッとしたあとで待合室で滑走路を眺めながら撮影したものです。

(つづく)
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

フィリピン マニラ2 [旅行]

マニラに到着。マニラといってもお隣のケソンです。
フィリピンは10年以上ぶりですが、そのときよりも車の渋滞はひどくなっている気がしました。夜中でも都市部の道路は大渋滞。それで23時頃にホテルに到着。

IMG_1650

ツインのお部屋。一人で泊まるのはもったいないです。

IMG_1660

ケソンもマニラも工事箇所が多いです。日本のものと思われる建設機械をたくさん見つけました。

IMG_1762

今回の訪問先はフィリピン大学。そのなかに面白い建物がありました。
5階建のビルの中央部分がアトリウムになっていて、大きなトーテムポールのようなオブジェが。

IMG_1768

オブジェの足元は小さな池になっていて、鯉や亀がいました。
なんだかほのぼのとしていて、こんなところで勉強していたら、休み時間の時は亀に餌をあげたくなります。

IMG_1799

そして、夜の幹線道路。遠くにケソンサークルのモニュメントが見えます。時間とともにライトアップが赤や青に変化してきれいです。

(つづく)
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

直方市石炭記念館 [旅行]

北九州に行った際、たまたまテレビのローカル局で紹介されていたので、プチ旅行で直方市にいってきました。

IMG_8103

北九州市からだと、JR九州の鹿児島線で折尾駅乗り換え、福北ゆたか線に乗り換えて直方(のおがた)駅まで向かいます。上の写真は直方駅。

IMG_8100

直方駅の正面には、地元直方出身の力士大関魁皇(かいおう)の銅像がありました。


IMG_8112

直方駅から徒歩10分程度で、目的地の直方市石炭記念館に到着です。

IMG_8115

ここは、昔、筑豊石炭鉱業組合直方会議所として明治時代にできた建物を石炭記念館としてつかっています。

IMG_8121

会議所(今の記念館)の裏手には、昔、炭鉱火災の際の救護練習に使われた模擬坑道が保存されています。この坑道は危ないので内部には入れません。外からの見学のみになります。

IMG_6939

福岡県の直方市、飯塚市、田川市などには昔、炭鉱がいくつもあって、総称して筑豊炭田といわれていました。そこで採られた石炭を利用して製鉄を行なったのが、官営八幡製鉄所(いまの日本製鐵)です。
記念館(新館)には上の写真のような石炭の説明や採掘の際の労働環境などがわかる展示がいっぱいあり、大変興味深いものでした。

IMG_6938

こちらは本館です。

IMG_8174

炭鉱の様子がわかる模型が充実していました。

IMG_8182

明治・大正時代の炭鉱の環境がわかる写真のひとつですが、夫婦で石炭を採掘して運び出している様子がとらえられています。男女共半裸で作業していたのですね。

こちらの記念館はコンパクトで展示は歴史を感じさせるものの、写真展などの企画展も時々行われているのと、ボランティアと思われる方の解説がとても分かりやすくてよかったです。

筑豊には直方以外にもいくつか炭鉱にまつわる博物館があるようですので、近くに行かれた際はオススメです。

IMG_6933

帰りは新型のJR車両で北九州市まで戻りました。

プチ旅行と充実した社会見学ができた1日でした。

(北九州の旅行記事を終わります。)
nice!(7)  コメント(2) 

門司駅と門司港駅 [旅行]

先日、北九州市門司区に行ってきました。

IMG_6909

JR九州の門司(もじ)駅のマスコットは「じーも」だそうです。
なんと安直な(笑)。
門司駅の自動改札を通ってすぐの場所に居ました。

IMG_6912

門司駅のホームの一番東側から門司港、下関側を眺めたところ。
写真ではよくわかりませんが、関門トンネルの入口も見えるのです。

IMG_6915

小倉から門司駅に向かう電車にのると、門司駅から山陽本線の下関駅行きと、門司港行きのどちらかになります。門司駅は分岐点になっていて、下関駅に行く途中で関門トンネルをくぐります。
この日は門司港駅へ。

IMG_8091

門司港駅の駅舎はながらく改修工事中でしたが、2019年3月に工事が終了しました。
昔ながらのオールドテイストのターミナル駅が復活。

IMG_8096

門司港駅からは海はすぐ。
関門海峡と関門橋が見渡せる良いところです。

IMG_6920

門司港駅の真正面には日本郵船の門司支店のビルが。
東京駅前には本社ビルを構えている日本郵船。さすが財閥企業の拠点ですね。

IMG_6923

ちょっと歩くと九州鉄道記念館もあって、昔の「じも」の表記の旧門司駅(今の門司港駅)の看板もあります。

IMG_6925

一応、リニューアルした門司港駅のスタンプもゲットしました。

(北九州の記事は続く予定です。)
タグ:門司港 門司
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

宇都宮旅行2 [旅行]

宇都宮旅行の二日目は市街地を朝早く出発して、日光東照宮へ。

DSCF0316

朝8時前に到着する予定だったのが、すでに駐車場が満車のところが多くて、少し遅れたらこの列。
でも、なんだかわからなくて並んでいることが後から分かりました。
一番時間がかかるのは入場の切符を買う列でした。別の場所で購入することができたらショートカットできたかも。

DSCF0331

三猿で有名な神厩舎。馬屋です。

DSCF0339 (1)

陽明門。金の装飾がとてもきらびやかな門。
私は日光東照宮ははじめてでしたが、平成の大改修がおわったばかりで以前にも増して金色が鮮やかになったようでした。

DSCF0348

眠り猫。ここは言われないとわからない(笑)。

IMG_0167

本殿は綺麗になっていましたが、いまだ改修工事中のようでした。

DSCF0362
(写真の一部を加工しています。)

訪ねたのはちょうど、令和に改元された令和元年5月1日。
写真のように新しい元号を持って記念撮影をするお客さんが多かったです。

DSCF0365

日光東照宮のあとは、大正天皇が御用邸として使われていた、日光田母沢御用邸記念公園を訪問。

IMG_0171

皇室の家系図は、シールで急ごしらえされたものでした。
これも新しい時代ならではでしょうか。

帰り道、パーキングエリアで見つけたもの。

IMG_0176

徳川のコーラ。

IMG_0178

冷凍餃子。
こちらは2箱を家用に買って帰りました。

意外と近くて見応えがあった宇都宮と日光の旅行でした。

(おわり)
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

宇都宮旅行1 [旅行]

特大ゴールデンウィークの前半に、宇都宮まで行ってきました。

IMG_0070

はじめに、大谷石の採石場が見学できる、大谷資料館へ。
写真のようにあいにくの雨のお天気でしたが、資料館前からもうあたりは大谷石一色。

IMG_0071

この日は平成最後の日、平成31年4月30日でした。
ちょうどその日に退位されたいまの上皇、上皇后陛下がそれぞれ皇太子、皇太子妃時代に行啓された記念碑があり、歴史を感じておりました。

IMG_0086

大谷資料館の地下坑道に入ると中は大迫力の空間が広がっています。
今は、映画撮影や企業の広告・催し物などでこの特殊な空間が利用されているそうです。
世界からも注目されているようで、ここは栃木県だけではなく、日本の貴重な観光資源だと感じました。

IMG_0105 (1)

大谷資料館のあとは、腹ごしらえのために、宇都宮市街に向かいました。
写真の有名な宇都宮餃子のお店は2時間待ちの行列で、おなかも空いていたのであきらめました(笑)。

IMG_0112

近くにあったペッパーランチでステーキ。
でも美味しくて、こちらでも良かったです。

IMG_0124

お昼のあとは、ブラタモリで紹介されていたスポットを(笑)。
この階段があるところは、宇都宮二荒山神社。

IMG_0135 (1)

そのあとは、宇都宮城址公園を訪ねました。
上の写真は宇都宮城の清明台櫓で、天守閣の役割があったのだそうです。

このあと、いったん宿にチェックインし、再度、宇都宮の餃子のお店で念願の餃子をいただいて1日目が終わりました。

(つづく)
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

水戸旅行 [旅行]

3月の飛び石連休を利用して、茨城県の水戸に一泊二日で行ってきました。

IMG_9384

JRの水戸駅南口。ショッピン街やビジネスホテル、時間貸しの駐車場がいっぱいでした。
その中の一つに宿泊しました。

IMG_9425

ちょうど、3月の梅まつりの季節でした。
梅まつりは水戸の観光ポイントのなかでも一番有名なお祭りではないかと思います。
私は梅まつりの期間中に水戸を訪ねたのは初めてで、迷わず梅の名所、偕楽園へ。
水戸藩第9代藩主徳川斉昭が建造したとされる好文亭から眺める千波湖と梅が咲き誇る庭園は、本当にすばらしい。

IMG_9432

偕楽園を訪ねたときは、あいにく雨でしたが、たくさんの種類の梅の花をみて回っているうちに、だんだんお天気が良くなってきました。

IMG_9437


IMG_9443

梅まつりの期間中だけは、JR常磐線の”偕楽園”が臨時の駅として営業します。
今回、電車が停車しているのをみていて初めて気がついたのですが、偕楽園駅は、下りホームしかありません(笑)。
つまり、東京方面から偕楽園で下車して、水戸市内でお土産を購めるなり一泊してから、帰りはお隣の水戸駅から電車に乗車することになります。

IMG_9459

偕楽園からJR常磐線をまたぐ歩道橋を渡って千波湖へ。
好文亭からとったと思われる、カフェがありました。

IMG_9458


すでに暖かくなっていたからか、千波湖の名物、白鳥と黒鳥は見かけませんでしたので、かわりに、白鳥と黒鳥のシュークリームをいただきました(笑)。この鳥の形、よくできています!

IMG_9476

あいにく午後からも雨がふりだしてしまいましたが、水戸芸術館に寄って、ちょうど開催されていた水戸市の中学校の吹奏楽を楽しんできました。
せっかくなので、水戸タワーにも登ってしまいました。

IMG_9466

水戸タワーは、正4面体を組み合わせた構造で、高さ100mの塔。
関東地方の人はNHK水戸放送局の放送で見かけることが多いのではないかと。

当日は風が強く、タワー全体がゆっくりと揺れていました。
あいにくのお天気であまり眺望は望めませんでしたが、珍しい体験ができました。

(水戸旅行の記事おわり)
nice!(5)  コメント(3)